ブログ Desert Rose 映画 " 眉山 " 忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
心のなかみ・気持ち・思いがわかってきて ぽろぽろ出てきたらカタチにするのに書いてみます 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※ 映画 " 眉山 " 見る予定の人 ちょっびり ネタバレ注意 ※
さだまさしのベストセラー小説原作 犬童一心監督 
 映画 " 眉山 ( びさん )" 

  娘だから、聞けなかった。
  母だから、言えなかった。
  そして今、私は
  母の想いにたどり着く。

 母には 秘密 があった そんな母を 許せなかった
 残された時間の中で娘は、母の切なく苦しい恋を知った
末期ガンの母親役の 宮本信子さん の 凛とした演技 が 
お龍さんという人の 性格や 生き方を 表現していたと 思います。
とても ステキ でした。

切なく苦しい恋 つらぬくとはいっても、つらぬければいいが 
実際の 恋愛は もっと複雑であったり 切ないもので
大切な想いでも 色々な事情も加わり 大切に出来ずに
あっけなく感情に 流されてしまうものもあると 思う。

 彼の故郷 眉山で 暮らそうと思った。
 生まれた時に 花が 咲いたように思った だから咲子と名前をつけた

 娘 咲子 が 私の命でした


宮本信子さんの語りで 泣いちゃったよ

↑広島ブログに参加しています
PR
≪  339  338  337  335  336  334  333  332  329  330  328  ≫
HOME
Comment
初コメントです
おはようございます
ちょうど今朝から「眉山」の原作を読み始めました
これを読んでから今度映画をと思いまして・・・。
ひとさんの記事を読ませて頂いただけで胸がキュンとなります
実際に映画を観たらどうなることやらですw
バニラ URL 2007/06/19(Tue)09:40:28 編集
バニラさん ありがとうございます ( ^ ^ )
原作と映画のストーリーは微妙に違いがあるようです。
映画では描ききる時間が限られていてもったいないって感じなのかな 起こる出来事より 過去と心の問題が大きいようなので
原作読んで 人物像を浮かべるとまた思いが入るかもしれませんね 本を読む人 尊敬します( ^^ )
2007/06/20 21:59
無題
この記事を読んだだけで泣けてきました。
なん吉 URL 2007/06/19(Tue)23:39:00 編集
なん吉さん ありがとうございます
なん吉さんは けっこう 感動屋さんですねぇ( ^ ^ )
この映画のレビューをみると 女性のものが多く
1人で生きることを選んだ独身女性のもの 介護に関わった女性のもの 徳島の郷土のもの 色々ありましたが 皆さん読んで感じるトコ良い文章が書いてありました。
2007/06/20 22:30
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  339  338  337  335  336  334  333  332  329  330  328  ≫
HOME
なほさんが書いてくれた私

   なほさん    とも君    応援してます
広島発・マンガでつづる家族日記 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/13 メントーズ大好き]
[07/28 ウリ坊]
[07/28 江島]
[07/28 音♪]
[05/07 くぅー]
[05/02 mario]
無題感謝
[01/19 くみ]
[01/15 peach]
[01/14 やま]
新年!感謝
[01/06 デコポン]
無題感謝
[01/04 あんこや]
2010年感謝
[01/03 くぅー]
[01/02 mario]
無題感謝
[12/20 U]
[12/17 デコポン]
無題感謝
[12/17 吉原]
[12/11 ばつ]
[12/11 Rin]
[12/10 eiji_low]
[12/03 デコポン]
[12/03 デコポン]
[12/03 くぅー]
無題感謝
[12/01 しいた]
無題感謝
[11/21 音♪]
[11/08 peach]
忍者ブログ [PR]