ブログ Desert Rose 心神喪失 心の理由 忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
心のなかみ・気持ち・思いがわかってきて ぽろぽろ出てきたらカタチにするのに書いてみます 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心神喪失とは
精神の障害により事の 是非善悪を弁識する能力 又はそれに従って行動する能力が 失われた状態をいう。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
心神喪失状態では、刑法上 その責任を 追及できないために、
刑事裁判で心神喪失が認定されると無罪の判決が下ることになる。
 例としては、精神障害 や 覚せい剤の使用によるもの、酩酊などが 挙げられるが 判例では アルコールの大量摂取や薬物(麻薬、覚せい剤など)などで 故意に心神喪失に陥った場合「心神喪失者の行為は、罰しない」は 適用されないといわれている。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

心神喪失の状態では 刑事責任を問えない なんていうけども 
命を奪われた 被害者にとって 被害者の家族にとって
加害者の 理由なんか なんであろうが 関係ない
まして 事件のおこった後から 心身喪失だったなんて 身勝手な理由
そんな理由を あとづけに選び 逃げていく人たち 

被害者と 被害者側の人たちの事を 思うと かわいそうでやれない

けれど もしも・・・もしもと仮定した話で 自分が 加害者になった場合
もしくは 加害者側の家族 に 近い人間に なってしまった場合 

心神喪失という 心の理由を どうするだろうか・・・。

判断能力がある場合でも 沢山の選択ミスを して 
失敗しているというのに・・・。

起こしてしまったことの 罪悪感から すくわれようと
少しでも 守ろうと 理由をつけたくなって 
心の喪失だったと 思い込みは しないだろうか・・・。

だけどモ やっぱり 被害者にとって 被害者の家族にとって
加害者の 理由なんか なんであろうが 関係ない
本当に心身喪失の状態の人のいるけども
どんな理由でも 償わなければならない 罪は償わなければ と思う

 心の理由って難しい

↑広島ブログ 参加しています
PR
≪  252  251  250  249  248  246  247  239  244  240  242  ≫
HOME
Comment
もともと変です
本来、人が人を殺めること自体が異常な精神なんですからね。
罪は償うためにあるので、どんな理由であっても。
今の法解釈は、死に損です。
過去の裁判を、誰も論じることをしないから、よけいに変になるのでしょうか?

裁判員制度で、変わることを期待しています。
やんじ URL 2007/03/16(Fri)22:43:36 編集
やんじさん その通りです
>本来、人が人を殺めること自体が異常な精神なんです
だって↑もうこれ自体が 心神喪失ですもんね

裁判がだんだんと変わっていきますね、被害者家族が参加できるよう議論があがっていたり 裁判員制度でもどう変わるんでしょうね
2007/03/17 11:01
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  252  251  250  249  248  246  247  239  244  240  242  ≫
HOME
なほさんが書いてくれた私

   なほさん    とも君    応援してます
広島発・マンガでつづる家族日記 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[06/13 メントーズ大好き]
[07/28 ウリ坊]
[07/28 江島]
[07/28 音♪]
[05/07 くぅー]
[05/02 mario]
無題感謝
[01/19 くみ]
[01/15 peach]
[01/14 やま]
新年!感謝
[01/06 デコポン]
無題感謝
[01/04 あんこや]
2010年感謝
[01/03 くぅー]
[01/02 mario]
無題感謝
[12/20 U]
[12/17 デコポン]
無題感謝
[12/17 吉原]
[12/11 ばつ]
[12/11 Rin]
[12/10 eiji_low]
[12/03 デコポン]
[12/03 デコポン]
[12/03 くぅー]
無題感謝
[12/01 しいた]
無題感謝
[11/21 音♪]
[11/08 peach]
忍者ブログ [PR]